« 日本橋めぐりの会 | トップページ | 時代劇ワークショップの日 »

2010年12月16日 (木)

ゴッホ展

国立新美術館で開催されているゴッホ展へ。
 
もうすぐ終わってしまうからか、最初からずっとなのか、満員
入場規制で10分待ち、入って見ている間もすごい人!
ぞろぞろと、まるで初詣のようでした。
美術館で満員なんて初めて!
ゴッホって人気なんですね〜!
 
ゴッホの絵はやっぱり“魂”を感じます。
全てに血が通って生きているようで、力強いパワーが伝わってきました。
明るいものには光を放つようなパワーを、哀愁のあるものには引き込まれて怖くなるようなパワーを。ゾクッとした瞬間もあったほど。
 
いいものを見ることができたので、見る度に思い出せるように、帰り際、お土産屋さんで、ゴッホの名作「アイリス」のクリアファイルを買いました!
仕事の資料を入れて持ち歩こう
 

|

« 日本橋めぐりの会 | トップページ | 時代劇ワークショップの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本橋めぐりの会 | トップページ | 時代劇ワークショップの日 »