« 京遊学・神坂雪佳と京都のお話 | トップページ | 五つ葉のクローバー »

2009年5月 5日 (火)

ちまきの食べ方

お茶のお稽古で先生に教わっても、なぜか毎年忘れてしまう、ちまきの食べ方。

今年もまた教わったので、今年こそ日記に記すことにします☆ 

 

<食べるとき> 

①ちまきの頭の部分(太い部分)のひもの端をはずす。

F1000266  

②上のベロを引き出してはずす。ひもが緩んでいるので、すぐに抜けます。

F1000258  

③ひもを下の方にずるっと下げる。

F1000259  

④笹を剥きながら、かぶっていただきます。

F1000260  

 

<食べ終わったら> 

⑤折る準備として、適当に笹を合わせる。

F1000261 

⑥笹の葉の部分(茎以外)を半分に折りたたむ。

F1000262

⑦茎の部分も折る。全部で三つ折。

F1000263

⑧ひもでくるくる巻いて、コンパクトにする。ひもの端はほどけないように、巻いたひもに通しておく。

F1000264  

 

⑨そして捨てる。

お茶ではゴミを袂(表千家の場合は右の袂)に入れることになっていますが、ちまきは濡れていて、着物が汚れてしまうので、この場合は菓子器に戻す方がいいです。 

 

注)) この方法は、私が私の尊敬するお茶の先生から教わった方法です。が、他の方から他の方法(ひもをくるくる回してはずす等)を聞いたこともありますので、この方法だけが全てではないかもしれません。そのあたりはご了承くださいませm(_ _)m

|

« 京遊学・神坂雪佳と京都のお話 | トップページ | 五つ葉のクローバー »

」カテゴリの記事

コメント

なるほどー!食べたあとの始末の仕方もしっかりあるんですね。勉強になります。覚えておかんと~~

投稿: まいく | 2009年5月 5日 (火) 09時49分

ちまきの食べ方、参考になりました。
どうもありがとうございます!

投稿: ラムネ | 2009年5月10日 (日) 11時32分

ちまきを購入して、練習しました!!
おいしいし、一石二鳥です。なるほど、太いほうから外すのですね!!紐もシュルシュルと緩みますし合理的で、納得ですhappy01
レポ、本当にありがとうございます。これで、お茶席で粽を頂くのも怖くないぞー!!

投稿: enachan | 2009年5月10日 (日) 11時53分

>まいくサマ☆

最後まで美しく!ですね。
来年是非試してみてくださいね♪


>ラムネさま☆

また来年試してみてくださいね♪


>enachanサマ☆

早速試してくださったのですね!
合理的ですよね♪
是非来年お茶席で堂々と食べてくださいね★

投稿: 入野佳子 | 2009年5月10日 (日) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京遊学・神坂雪佳と京都のお話 | トップページ | 五つ葉のクローバー »