« 浴衣でお稽古 | トップページ | 「アタシんちの男子」 »

2009年5月31日 (日)

東京国立博物館の応挙館へ

Dscf36632

踊りの先輩・尾上博美さんのリサイタルがあり、東京国立博物館の中の応挙館へ行ってきました!

円山応挙の襖絵が素敵な建物の中での地唄舞は、とても雰囲気があって素敵でしたheart04 

午後から雨ということで、昔お三味線で一緒だったおばさまにいただいた雨ゴートを持参。これが軽くて長くてとっても便利♪

着物は時候のしゃくやくの柄の単衣にしました。・・・って見えませんよねcoldsweats01スミマセン

|

« 浴衣でお稽古 | トップページ | 「アタシんちの男子」 »

こんな佳日」カテゴリの記事

コメント

風景も着物も素敵ですね。
こういう場所があったとは
初めて知りました。

投稿: ラムネ | 2009年6月 2日 (火) 19時51分

雨ゴート、見た感じ重そうかな?暑そうかな?って思ったけど、案外そうでもないんですねー。

投稿: まいく | 2009年6月 2日 (火) 21時26分

>ラムネさま☆

ありがとうございます♪
私もこの博物館には初めて行きました。お天気の日にお散歩したくなる場所でしたよ!


>まいくサマ☆

ナイロン素材なので決して涼しくはないですが、かなり軽いんです。
雨の日には重宝します♪

投稿: 入野佳子 | 2009年6月 4日 (木) 19時54分

>入野佳子さん
風情が着物と似合っています。
着物が時候のしゃくやくの柄の単衣が見えて素敵です。
これから梅雨を迎え雨コートは活躍に着物が助かりますね。

投稿: かつ | 2009年6月 5日 (金) 21時31分

>かつサマ☆

ありがとうございます♪
梅雨に雨ゴートは大活躍です!

投稿: 入野佳子 | 2009年6月 8日 (月) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浴衣でお稽古 | トップページ | 「アタシんちの男子」 »