« 自分再発見★★ | トップページ | 今日はママです »

2008年11月 8日 (土)

名残のお茶

お茶のお稽古に行ってきました。

お茶では、間もなく(少し寒くなり、ゆずがおいしくなった頃に)風炉から炉に替わるのですが、その前(11月の初旬)は、灰を“かき揚げ”という火箸で筋を入れたものにして、風炉の名残りを楽しみます。

Dscf31432

掛軸は菊の絵賛で、お花も白菊とカリンの真っ赤な照り葉が入り、秋を感じました♪

Dscf31442

↓ちょうどお社中さんに話しかけられたので、珍しい100%素の笑顔(笑)

Dscf31562

今日はお稽古の後に用事があったので、付け下げで行きました。

クリーム色地に赤の絞りの柄です。

帯は、ピンク地に万華鏡のような刺繍の入ったもの。

帯揚げ&帯締めは、ともにひわ色のものを合わせました。

そういえば、11月に入ってからの8日中7日、着物を着てたなぁ★

|

« 自分再発見★★ | トップページ | 今日はママです »

こんな佳日」カテゴリの記事

コメント

>用事があったので、付け下げで行きました。

付下げは現在では訪問着と区別がつかなくなっていますが、本来なら男性の背広に相当するものなので着用するチャンスがもっとあってもいいと思います。

和装女性のお出かけ着は本来なら普段着の小紋と紬が格上げされて背広と同格の外出着として通用していて、付下げのジャンルを押しつぶしてしまったように思います。

訪問着はもっと改まったシーン、男性の洋装なら三つ揃い、ディレクタースーツに相当すると思います。

>帯揚げ&帯締めは、ともにひわ色のものを合わせました。

同系色の色合わせは上品な感じですね。

投稿: yuki | 2008年11月 9日 (日) 12時58分

こういう場でお茶をいただきたいものです。
入野さんの笑顔が輝いていますね。

投稿: ラムネ | 2008年11月 9日 (日) 21時12分

houseがお茶に生け花budとやって欲しいと良く言われます。run
月毎に生け花、掛軸と変わってくるから年12回の楽しみが楽しめますね。
クリーム色地に赤の絞りの柄は色も落ち着いて良いですね。
どれも着物がすてきですね、
毎日が着物日和で楽しんでください。

投稿: かつ | 2008年11月10日 (月) 21時23分

風炉への名残おしさと
炉の待ち遠しさが背中あわせ。
日ごと肌寒さが増しますね。

寒さが増すと紅葉がきになったり。
季節のうつりかわりを体感できる。
それが世界が羨む日本の特権ですよね。

こちらは先日、
久しぶりに亥の子餅を作りました。

投稿: ねねねね~ | 2008年11月11日 (火) 12時18分

この笑顔が心をホッとにしてくれます。最高。

投稿: まいく | 2008年11月12日 (水) 20時51分

>Yukiさま☆

そうですね。最近は普段着の着物が格上げされたりと、着物の格が少し曖昧になっている感じがありますね。
そのうちまた着物がもっと再普及したら、きちんと区別される日が来るのかも。
早くその日が来るといいですね!


>ラムネさま☆

お茶やお茶室はとても和み癒されます。
心からの笑顔が溢れる空間です♪


>かつサマ☆

ありがとうございます!
日本文化は季節を感じられて最高ですよね♪
お茶やお花もなじめば楽しいですよ!是非チャレンジしてみてください★


>ねねねね~サマ☆

亥の子餅いいですね!!おいしそう。
さすがねねねね~さんですね★★
季節それぞれの美しさは本当に格別。
日本に生まれ育ってよかったと心から思います♪♪


>まいくサマ☆

ありがとうございます。
好きな時間を楽しんで癒された、心からの笑顔でした♪

投稿: 入野佳子 | 2008年11月14日 (金) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分再発見★★ | トップページ | 今日はママです »