« お知らせ | トップページ | 江戸遊学「江戸文字」&納涼怪談 »

2008年8月10日 (日)

江戸っていいなあ

数回前の江戸遊学で火消し絵や江戸の今昔のお話をして下さった岡田親さんと奥様と、お仕事の人と一緒に、八丁堀でお食事会をしました。

新川にある、岡田さんの生まれたときからのお友達のお店「日高」。

おいしいお料理に囲まれて、江戸の粋を感じる素敵な時間を過ごせました♪

岡田さんと奥様は、とっても仲良しで、どこに行くにも二人で着物だそう☆

理想のご夫婦です♪♪

Dscf20812

やっぱり、「三つ子の魂、百まで」という言葉の通り、岡田さんは京橋で生まれて、その中で育まれたものがしっかりと息づいていらっしゃる。

奥様も、向島で生まれ育たれ、それが息づいていらっしゃる。

とにかくお二人とも、なんだかかっこいい!

きっと小さい頃に育まれた感覚って、とても大切で、一生その感覚で生きていくものなんだなと感じました。

その感覚をさらに研ぎ澄ませていくのは、自分自身。

とにかく、何事も、努力、努力、努力ですね!

↓そして、岡田さんのお友達。御神輿かつぎ歴、50年。

お祭りとあらば、どんなお祭りででも御神輿をかついで回られているそうで、いつの間にか肩にこぶ(たこ?)ができたそう。

割烹着の上からでも、肩がこんもり出ていたので、興味深くて触らせてもらったら、なんとなんと、柔らかい!!

お祭りでよくあるヨーヨーみたいなぷよぷよ感。意外!

で、生で見せてくださったので、特別に許可をいただき、公開させていただいたのが、この下の写真。

私はお祭りの御神輿とは今までご縁がなかったので、初めて見ました。

でも、お祭り大好きな江戸っ子の粋さをここでも感じて、かっこいいなと思いました♪

Dscf20822

まだまだ知らないことだらけのお江戸だけど、知れば知るほど、いいところですね★

|

« お知らせ | トップページ | 江戸遊学「江戸文字」&納涼怪談 »

こんな佳日」カテゴリの記事

コメント

ほんと、江戸っ子っていいですよね。粋でかっこいい!俺は実家が板橋区板橋なんだけど江戸っ子になるのかな?それにしても神輿ダコが物語ってますね!江戸っ子を!かっこいい!

投稿: むね | 2008年8月10日 (日) 12時02分

お疲れ様!神輿だこの兄貴は料理屋の大将だったのですね!江戸遊学で私の隣りに座っていらっしゃいました。それはそうと明日、「京すし」の予約入れました!岡田さんに会えるのが楽しみです。佳子さんが先日皆さんで食事に行った時、岡田さんの話に私が登場したとのことで、大変光栄に感じている次第です!いろいろ聞きたい話があるので楽しみです。佳子さんも岡田さんのお寿司を食べてみては?お先に失礼して行って来まーす!(笑)

投稿: だん吉 | 2008年8月11日 (月) 21時30分

こんばんは。「京すし」行って来ました!江戸遊学と違って、カウンターの向こうの岡田さんは紛れも無い寿司屋の大将!恥ずかしがりながらも饒舌にしゃべっていたあの時と違って、寡黙な日本の職人という感じです。そして何と言っても、肝心の寿司がうまかった!御値段もネットのクチコミサイトで見たのと違って御手頃です!あれだけ美味しければお安いのでは?と思います!最初、岡田さんのおまかせで御刺身頂いて、それから握りにしましたが、奇をてらわない硬派なネタ選びがかえって腕の確かさを感じてとっても好感でした。あ、岡田さんがこれ読んだら偉そうなこと書いてて照れますね。(笑)ご飯がたくさん入らない佳子さんも御刺身だったらいいんじゃないかな?是非とも一度岡田さんのお店で食べて下さい!お勧めです!
しかし、江戸遊学で岡田さんから聞いていた古き良き京橋の風景はもはやどこにも有りませんでした。丸の内の高層ビル群に囲まれる様にひっそりと佇む「京すし」。変わり行く江戸東京の街に胸を痛めた一日でもありました。
高層の 麓に守る 暖簾かな
火消しでも 消すにゃ惜しい 御江戸の「灯」
何時までも「京すし」には江戸の「灯」を守ってもらいたいものです。

投稿: だん吉 | 2008年8月13日 (水) 01時16分

>むねサマ☆

お江戸・東京に生まれ育っている人を江戸っ子って言うのではないのですか?
簡単に江戸っ子とか言っちゃいましたけど、私ももっと勉強が必要ですね。
でも江戸っ子はかっこいい(笑)


>だん吉サマ☆

京すし、行かれたのですね!羨ましいです。
岡田さんは、あの饒舌な感じではなく、職人さんらしかったのですか。
そのお姿も拝見してみたいものです。
私、白ご飯は得意じゃないですが、おすしは好きですよ♪
機会をみつけて、是非行ってみます!!

投稿: 入野佳子 | 2008年8月13日 (水) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お知らせ | トップページ | 江戸遊学「江戸文字」&納涼怪談 »