« スナックパイン | トップページ | ゆかた&ふろしきファッションショー »

2008年6月29日 (日)

江戸遊学「一中節の魅力」

今回の江戸遊学は、「邦楽のいろは 一中節の魅力」。

一中節都派宗家家元12代目・都一中さんにお越しいただきました!

Cimg13852

一中節とは、というところから始まり、一中節と常盤津の音色の違いを聴いてみたり、一中節の「猩々」の一部をみんなで謡ってみたり。

今日もまた楽しくお勉強ができました♪

Cimg13872

今回もまた山喜屋さんにお着物をお借りしました~。

特に帯がかわいかったデス!

Cimg13882

次回7月6日の江戸遊学では、浴衣メイクを教わります☆

|

« スナックパイン | トップページ | ゆかた&ふろしきファッションショー »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

長唄となら♪違いが分かるかも知れませんけど、他のは分からないだろうなぁ。
勉強になりましたね。長唄以外にも色んな
魅力があって、邦楽はいいです^^

投稿: 杵拓 | 2008年6月29日 (日) 07時01分

その帯かわいいね。梅雨時っにあわせてスタイリストが決めるの?それとも君が決めるの?浴衣と着物では衿の抜き方に違いがあるんだろうか?なんか着物って不思議なもんね?

投稿: 笑 | 2008年6月29日 (日) 22時43分

>杵拓サマ☆

私も長唄なら、と思いましたが、言われてみると、なんとなくわかりました♪ この“なんとなく”っていう感覚が、大切なんだそうです。
邦楽って、知れば知るほどおもしろくなりますね!奥が深いですねshine


>笑サマ☆

自前の着物の時は自分で考えますが、お借りする時は、ほとんどが着物屋さんやスタイリストさんにおまかせですね。イベントなどのテーマをお伝えして、それに合わせて、その時候のものを選んでいただく感じです。
浴衣と着物では衿の開き具合をそんなに変えないですが、髪型によって微妙に変えています。ボリュームのある髪型の時は少し開けてみたりして。微妙な加減で品やおしゃれ度が変わってくるので難しいですね~。

投稿: 入野佳子 | 2008年6月30日 (月) 09時47分

こんにちは。いつも江戸遊学に遅刻で山口さんに怒られているだん吉です。(笑)とっても良かったですね!やっばり楽器はナマで聞くのが良いですね。一中節の柔らかな音色素敵です。私も早くお三味線を習いたいです。入野さんはいつ見ても綺麗なので本物を前にすると緊張してしまいますね~。屋形船に乗って下さるとうれしいです。山口さんの言葉じゃないですが、乗ったら酔った私に絡まれるかも知れませんが。(笑)いえ、入野さんの前では紳士です!(笑)それでは~。

投稿: だん吉 | 2008年6月30日 (月) 12時51分

>だん吉サマ☆

遅刻で怒られているのですねcoldsweats01
本当、楽器は生演奏がいいですね♪
素敵な時間を過ごせましたね!
6日夜の屋形船はきっとご同行させていただくことになると思います☆
絡まないでくださいね(笑)
楽しみましょうshine

投稿: 入野佳子 | 2008年7月 3日 (木) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スナックパイン | トップページ | ゆかた&ふろしきファッションショー »