« 6月からは琉球風炉 | トップページ | これでいいの?なメニュー »

2006年6月 5日 (月)

呉服神社インタビュー

Photo_144大阪織物卸商業組合のホームページでは、昨年は手ぬぐいのインタビューをしてきたけれど、今年はそれに替わって、着物のルーツを探ります☆

大阪・池田市にある呉服神社(くれはじんじゃ)は、初めて、織物と染織の技術を日本で広めた呉織媛(呉服・くれはとり)という方をお祀りしている神社。呉織媛には綾織媛(綾羽・あやはとり)という妹さんがいて、その妹さんは近くの伊居太神社(いこたじんじゃ)にお祀りされています。

Photo_149姉妹が呉服の技術伝来に関係あるということで、先輩の私がお姉さん役、2006全日本きものの女王・石田明子ちゃんが妹役として、二人でルーツを辿ります♪

3 今日は呉服神社の名誉宮司さんと宮司さんに、たっぷりお話をうかがってきました☆ 呉服神社以外にも、その伝説に深く関わっている唐船ヶ渕(とうせんがふち・猪名の港)や、星の宮(機織りをしていたところ)や染殿井(そめどのい・染織をしていたところ)、絹掛けの松(きぬかけのまつ・染めた後に干していた松)も回ってきたので、かかること4時間半!

Photo_148 この内容を詳しく、かつ、わかりやすくまとめていきます!6月中旬に、ホームページアップ予定なので、是非ご覧ください(* ^ー゜)ノ 大阪織物卸商業組合・和装部会HP http://www.f-square.net/waso/ 今はまだ、昨年の手ぬぐいインタビューがメインになっています☆

|

« 6月からは琉球風炉 | トップページ | これでいいの?なメニュー »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、呉服神社 へー いろいろご存知なんですねすごいなぁー こういったインタビューなどがお仕事なんでしょうか 趣味ですか すごいなぁーと思い一言入れてしまいました。

投稿: みずもち | 2006年6月 5日 (月) 13時55分

みずもちサマ☆

はじめまして。
インタビューがお仕事というわけではないですが、お仕事のひとつではあります。
私は着物や日本文化が好きなので、ありがたいことに、趣味が高じて仕事になっている感じでしょうか(*^_^*)

投稿: よしこ to みずもちサマ | 2006年6月 6日 (火) 11時43分

2005年着物の女王さんが、2006年もたくさん仕事されるんですね~

投稿: | 2006年8月 4日 (金) 15時36分

☆サマ

昨年一年間、私は自らご縁ができるように努めてきたので、形式上代替わりはしたものの、ありがたいことに色んなところでお声をかけていただいています!
たぶん異例のことだと思います。
が、着物を通して日本文化を伝えていきたいという想いが強いので、いつまでも着物には自ら携わっていこうと思っています。
でも今はきものの女王の活動だけではないですけどね!

投稿: よしこ to ☆サマ | 2006年8月 5日 (土) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28550/2076083

この記事へのトラックバック一覧です: 呉服神社インタビュー:

« 6月からは琉球風炉 | トップページ | これでいいの?なメニュー »