« 炉の終わりは“釣り釜”で | トップページ | 超~キモチワルイ植物発見(>_<) »

2006年5月 1日 (月)

炉・風炉入れ替え

お茶では、5月から風炉に替わるので、その入れ替え作業をしてきました!シンデレラ(灰かぶり姫)になってしまうので、今日は洋服で。

畳を、炉が切ってあるものから、切っていない普通の畳に換え、炭も炉用から風炉用の小さいものを準備しなおします。

Photo_83灰も、炉と風炉とでは使うものが違うので、炉が終わるときに、半年後の炉の灰を作っておきます。(逆に、風炉が終わる時には次の風炉用の灰を作ります。)

Photo_84まず、写真左のように、今まで使っていた炉の灰をふるいにかけて、炭などの不純物を取り除きます。 そしてその灰に、タンニンの多い番茶をまぜ(写真右・右側の樽)、1年間置いておきます。すると、左側の樽のように、乾きます。その乾いたものをまたふるいにかけ、粒上になったものを炭点前の濡れ灰として用い、その残りのサラサラした灰を、普段用に使います。なんてことのなさそうな灰なのに、実は結構大変な手間がかかっているのです。風炉の灰はそこにまた手を加えていくので、灰作りは1,2年じゃできません!

Photo_85Photo_86風炉の準備もします。灰を入れて、きれいに押さえていくのだけど、これがまたとっても根気のいる作業!写真右のように完成するまで、なんと3時間ほどかかります(>_<) 私もさせてもらったけど、簡単そうに見えて、結構テクニックがいるのです。 こんな風に灰を押さえていくって、一体誰が決めたんだろう? 最初に始めた人は誰なんだろう? きっと、几帳面で、時間がたくさんあった人だったんだろうなぁ。

表向きは美しく見えるお茶も、裏側は大変なものなのデス。

見えない部分での努力がないと、美しい花は咲かない。お茶も人生も、全部一緒なんだね☆★☆

|

« 炉の終わりは“釣り釜”で | トップページ | 超~キモチワルイ植物発見(>_<) »

お茶」カテゴリの記事

コメント

先輩の場合…灰を被ってても美しいってトコはシンデレラ的だけど…でもやっぱりシンデレラには成れないような気が…(笑)
だっていじめられてないし、ひもじくないですもんねー(爆!)
先輩ってば食べ過ぎですもの…☆

投稿: ちょこ | 2006年5月 1日 (月) 13時40分

ちょこサマ☆

確かにひもじくはない。。。常に食べてるから(~_~;)
でも、おなかがすきすぎたらイライラしてひもじい気分になるよ(笑)
う~ん・・・王子様のお迎えはまだ遠いかしら・・・( ̄~ ̄;)

投稿: よしこ | 2006年5月 1日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28550/1632244

この記事へのトラックバック一覧です: 炉・風炉入れ替え:

« 炉の終わりは“釣り釜”で | トップページ | 超~キモチワルイ植物発見(>_<) »