« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

歴史街道ロケ@平野

ABC「歴史街道」のロケに“旅人”として行ってきました☆ 一回2分程度と短いけれど関西の歴史ある町を旅しながら魅力を伝えている、とても素敵な番組。

今回私が旅するところは、大阪の平野。平野は1993年から、“町ぐるみ博物館”として、町全体でミニ博物館運動をしていて、住民自身が楽しみながら地域を再発見しようとしているところ。古い家屋がたくさん残っていて、とっても風情のある町。大阪にこんな場所があったんだーと初めて知った(*´∇`*)

Photo_127最初に行ったのは、”杭全(くまた)神社”。樹齢千年を越えると言われている大きな楠木が、神社の標柱の横に立っていて、ものすごい存在感☆ その木を見ただけで心が洗われる感じがします!

その神社の裏手にある“鎮守の森”には、様々な樹木が茂っていて、生命の神秘を感じることができました♪

Photo_128次に訪れたのは、“平野郷民族資料館”。長屋にあるという何とも不思議な資料館。手作り感が漂います。

Photo_129中には、資料館の主である阪井さんのお家の蔵から出てきたものばかり。お家に潜ませておくのはもったいないから、皆さんに見ていただこうという試みのよう。お歯黒セットや、両替の天秤、古伊万里の皿などなど、歴史がうかがえる素晴らしいものばかり☆時代劇の小道具としてしか見たことがなかったものを間近で見られて、興味深い時間を過ごせました♪

最後に訪れたのは、“全興寺”。ここは由緒あるお寺なのだけど、とってもおもしろいお寺。

Photo_131その中の“おも路地”では、バイゴマ、まり、おじゃみなどの、昔の遊びを体験できます。そしてそこには、駄菓子屋さんもあって、いつも日曜にはたくさんの人で賑わっているそう。

Photo_130私も一緒におじゃみで遊んだけど、久しぶりにすごく楽しかった♪子供たちもすごく楽しそうだった。昔の遊びって、最近の子たちにとっては、新しいものなんだろうな。こうして古きよきものを伝えていけることはすごくいいことだね♪♪

Photo_132Photo_133また、お寺には、“地獄堂”というところがあって、怖~い閻魔さんがいらっしゃいます。そしてその横には、とっても怖い鬼が(>_<) 更にドラを叩くと恐ろしい地獄の物語が始まります。写真では明るく写っているけれど、実際はもっと赤黒くて、本当に怖かった!!!夢に出てきそう。悪いことをしたらこんなに怖い地獄へ落とされますよ、という戒めのよう。それにしても怖すぎる。。。

Photo_134地獄堂とは反対に、“ほとけのくに”というところもあり、そこはまた不思議な空間。水琴窟の音が鳴る中、地下へ降りていくと、ステンドグラスの曼荼羅があり、その周りには151体の石仏が!ステンドグラスに座って瞑想するといいんだそうだけど、私にはどうもその石仏が怖くて無理だった(*_*; その地下に降りる階段の手すりには、四国八十八ヶ所の砂が区切られて入っていて、願いが叶いそうな感じだったけど。

他にもおもしろい施設やお祭り事がたくさんあって、不思議なお寺だった。

杭全神社は6月14日、平野郷民族資料館は6月13日、全興寺は6月16日の放送です☆ 関西の方は是非見てくださいね(*^_^*)

明日も残りの平野ロケに行って参ります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

莫言先生との夕食会☆

先日、大阪に、次ノーベル賞を取るかもしれないぐらいにすごい作家さんが中国から来られているというので、着物で夕食会に参加してきた。

着くまでどんな方なのかわからなかったけれど、なんと、映画「紅いコーリャン」、「至福のとき」、「故郷の香り」などの原作を書かれた莫言先生で、チャンイーモウ監督やチャンツィイーは、この方がいらっしゃらなかったら出てきていないと言われているほどの高名な方だったヾ(≧∇≦)〃 そんな方とご一緒できたなんて☆☆

11人のお食事会で、日本人は私を含めて2人だけ。なので、ほとんどの会話が中国語(~_~;)アタリマエカ。 最初「ニンハオ」とご挨拶したら、光栄なことにその発音が完璧だったようで、中国語が話せるのだと勘違いされて、思いっきり中国語で話しかけられた!でもチンプンカンプンで、通訳してもらいながらの会話になってしまった(>_<)

莫言先生はものすごくユーモラスな方で、始終、みんな大爆笑だった。中国と日本の笑いのツボはちょっと違うらしいけど、私も楽しませてもらった。さすが言葉の魔術師だね♪

自己紹介ができたり、ところどころわかる単語があったことは嬉しかったけど、本当は、通訳なしで、ちゃんと同時に理解して会話したかったな(T_T) ニュアンスも絶対違うだろうしね。。。中国語の講座に全部で10回ほど通ったけど、会話ができるほどには習得できなかったな。そんなに甘くないよね。もっと勉強したいな。

雑誌社の方に撮影されながらの会食だったので、この光景や、私の着物姿などが、来月あたり、中国の「小旅行~voyage」という雑誌に掲載されると思います☆ 見られる方は是非見てくださいね(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

ゴルフの打ちっぱなし

“打ちっぱなし”…打ったまま…今まで何も考えずに発してきた言葉だけど、実はすごくよくできた言葉だったんだヾ(≧∇≦)ノ" 今題名書いて気付いた☆

それはさておき、今日は友達に誘われて、久しぶりにゴルフの打ちっぱなしに行ってきた♪ しばらく行かない間に文明が進んだのか、前に行ってたところが遅れてたのか、初めてのことがいっぱいだった!球を買うのがカード式になってたり、打つところで球が自動で出てくるようになってたり。昔は足で一回ごとにペダルを踏んで出して、更にはピンにちゃんと乗らないから足とクラブとで挟みながら固定したような記憶が・・・。

よく考えたら少なくとも5年以上は行ってない。でも中学3年生の夏休みに一ヶ月だけ習ったこともあるし、大学一年後期の体育でゴルフを選択してたし、たまーに打ちっぱなしにはバッティングセンター感覚で行ってたから、フォームは体が覚えてたみたい。しばらく打ってたら、だんだん飛ぶようになってきた。とは言え、あまり飛んでくれなかったけど( ̄~ ̄;)

ハーフコースは一回だけ回ったことがあるけれど、バラエティーの仕事で行ったからハーフのハーフぐらいしか回らなかった。しかもそれは7年前。ちゃんとしたコースを回ったことがないので、行ってみたいなあ!でもその前に、他の人に迷惑かけないぐらいには練習しなきゃね(~_~;)

それにしても体がなまってることに気付いた。左腕が筋肉痛。力の入れすぎ?背中も腰もキテル感じ。。。でも楽しかった(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年5月29日 (月)

表千家同門会兵庫県支部 創立五十周年記念大会

Photo_125“同門会"という、表千家茶道を学んでいる人のための会の、兵庫県支部 創立五十周年記念大会に行ってきました!

濃茶が1席と薄茶2席は、時間内に自由に回ります。そして点心席(お食事)では、式典が行われました。

お家元や次期お家元など、お家元関係の方々、兵庫県知事(代理)、神戸市長(代理)をはじめとする兵庫県の同門会の方々、計500人ほどの大盛況☆ ほとんど皆がお着物というのは、お茶人のおとなしい着物とは言え、華やかだったな(^_^)

Photo_126このような大会が催されると、いつも記念品がいただけます☆

今回は、お家元(而妙斎宗匠)が描かれた海と山の茶碗。お家元の花押入り☆☆ 箱書きもアリ! これはお値打ちです(*´∇`*)v

表千家は裏千家に比べて人数が少ないし、若い人も少ない。だから会場も年配の方がほとんど。行く末をちょっと心配してしまう。。。もっと若い人が門をたたきに来てほしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

花月百ぺん、月おぼろ

_今日のお茶のお稽古では、久々に“花月”をしました♪

花月(かげつ)とは、 七事式のひとつ。5人でお席に入り、5枚の札に従って、順番にお茶を点てたり飲んだりする、ゲームのような方法。いわゆる、くじびきみたいなもので、どの札が当たるかによって、誰がどの役目をするかが決まる。札の内訳は、“花”1枚、“月”1枚、数字の札が3枚。“花”を引いた人は、お点前をし、“月”が当たった人はお茶が飲める。数字の人は、その回はお休み。

一回一回繰り返していくのだけど、二回同じ人に月や花が当たらないようにと考えながら進んでいくので、かなり難しい(>_<) でも、「花月百ぺん、月おぼろ」という言葉があるぐらい、高度なもの。理解できずに一生を終える人も結構いるのだとか。私は、やーっと少しずつわかってきたかな、という感じ。でも、わからないながらに結構楽しんでます♪

昔の人って、お茶をも遊びにしてしまったわけだから、本当に粋だよねえ(*´∇`*) 毎度思うことだけど、やっぱり日本文化って奥が深いデス☆☆☆

ちなみに今日は、単衣のウールの着物に、紬の帯にしてみました(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

Happy birthday to me\(*^∇^*)/

5月26日。夜中の0時になると、私と妹の部屋の扉が同時に開いて、お互いに「お誕生日おめでとうございます」と言い合うのが、入野家の恒例行事。なぜなら、私と妹は3歳違いだけど、同じ誕生日☆☆ 私が予定より遅れて、妹は予定より早まったみたい。それにしても、すごいよねえ。結構自慢(*^_^*)

今年で私は29歳。たぶん微妙な年齢。でも、大切な年齢。いわゆる三十路を迎える準備の年だから。

私は30歳が怖いとは全く思わない。OLや主婦ではないから、周りと比べることや、セクハラを受けることがないから感覚が違うのかもしれない。もちろん、若い後輩がたくさん出てくるし、友達がどんどん結婚していく。でも、“私は私”、と最近思うようになった。

でも、母の知り合いやお茶のお稽古の先輩などに会う度に、「結婚は?」と聞かれるのは結構苦痛。「そろそろ結婚しなきゃね」と言われると、内心、「したくなったらするから、ほっといてくれ」って思ってしまう。きっと顔に出てるだろうな(~_~;) なんでおば様方ってそういうことを言いたがるのかな。興味として知りたいのかな? ほんと、余計なお世話! 別に自分自身心配してないから、心配されたくない。それだけが、年をとってきて嫌なことかな。

師匠から、「30歳から自由になった感じがして、楽しくなってきた」って言われたことがある。30からが明るくなるなんて、すごく素敵♪ 他に、「女は30から、男は40から」という言葉も聞いたことがある。確かに20代はまだまだ子供だった。今も大人になったとは言えないけど、違う見方ができるようになった自分がいる。これが自由になるということかな?

早くもっと年を重ねたい!いい年のとり方がしたいな。明るい30代を迎えるために、20代を素敵に締めくくろう☆

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2006年5月25日 (木)

10年ぶりの再会

コンタクトを作り変えたので、帰りにその近くのショッピングモールを歩いていたら、洋服屋さんにて、10年前のバイト仲間であり、その頃はすごく仲良しだった友達に再会した。

コンタクト屋さんには、最近頻繁に通っているけれど、そのお店には行ったことがなかった。たまたま時間があったから、たまたま通って、たまたまその子が働いていたから出逢った。たまたまの連続。

彼女が8年ほど前に結婚して、子供ができたことは知ってた。あまりに久しぶりだったので、何から話そうかと考え、ふいに出たのが、「結婚生活充実してる?」。返ってきたのは「私、バツイチやねん。でも7歳と5歳の子供がいてめっちゃかわいいよ!」。

彼女は私と同じ年。“十年ひと昔”と言うけれど、知らない間に、私とは全然違う道を歩いてた。本当に、人生イロイロ。

人生、偶然はひとつもない。たまたまに見えて、全てが必然。自分に起こる全てのことは、いいことも悪いことも、自分がよくなるための、神様からのプレゼント。日々是好日。

今日で私は28歳を終える。明日からまた新しい一年が始まる。そんな締めの日に再会したことも、きっと何か意味があるはず。彼女と私の間に何か起こるのか? それとも、10年前を思い出し、この10年間について考えさせられたことに意味があるのか・・・? 神様からのプレゼントを無駄にしないよう、しっかりと自分と向き合ってみよう。また素敵な一年を迎えられるように☆

| | コメント (2) | トラックバック (1)

鴨川をどり

Photo_123京都の先斗町で行われている“鴨川をどり”に行ってきたよ♪

鴨川をどりは初めて。やっぱりこちらも、最初にお茶席でお茶をいただいてからの鑑賞。

千秋楽だったからメンバーがよかったのか、普段から粒揃いなのかはわからないけれど、きれいな人が多くて、皆さん踊りが上手だった☆ 最初がお芝居仕立てになっていて、次が踊り。両方すごく楽しめた♪ 今回は、さすが芸者さん!と思えたな。お勉強になりました(*^_^*)

でも今日はひとつ、すごく不思議な出来事があった。

突然、頭を何かにぶつけたような感触があって、その瞬間、頭にさしていた櫛がぽとっと落ちたの。でも、上を見ても、棚も何もなかったの!!

もしかして、かつて死んだ芸者さんの霊が私に?!(≧△≦||||)

櫛が浮いていたわけでもないし、体勢を変えたわけでもなく、明らかに何かにぶつかった気がしたのに・・・!!

そう思いながらお手洗いに入り、出ようと思ったら、扉が開かない!!「うわぁっ!やっぱり本当に霊が?!」と震えた瞬間、扉を押したら出られた。逆だったみたい( ̄~ ̄;)

怖がりのクセに、変な想像をしてしまう私。霊感もないのに(^_^;) やだやだ。きっと、櫛が浮いたときに、衝撃があっただけなんだろうにね。

Photo_122

今日は暑いから、もう単衣の着物にしちゃいました★ お気に入りのちょうちょの着物の季節がやってきました~♪ 大阪織物卸商業組合のホームページの表紙で着ていた着物だけど、一年ぶりに着たら、新鮮だったなあ♪ 着物って洋服以上に、「あの時あんなことがあったな」と思い出したりする。不思議だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

男前豆腐ヾ(≧∇≦)〃

おいしいお豆腐見つけた!その名も、

「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」

京都発の“男前豆腐店”のもの。私は大阪の百貨店で購入したけど、スーパーでも見たことある。東京にも進出したらしい。

とにかくネーミングが不思議だし、見た目も大きくておもしろかったから興味半分で買ってみたけど、トッロトロのクリームみたいでめちゃうま☆☆ 感激ものだった!値段は300円。「ジョニーブラウン」というものもあって、380円だったけど、大豆のクラスが上がって更においしいらしい。次はそれに挑戦しようかなあ。

ホームページを発見したけど、これまた変だった!お豆腐屋さんも工夫が色々必要な時代なんだね。

男前豆腐店 http://otokomae.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006年5月22日 (月)

2回目の鈴虫寺

Photo_118今日は、お墓参りのために京都に来たので、途中下車して鈴虫寺へ☆

前は平日に行ったからすいてたけど、今日は日曜だし、快晴だったからか混み混み!!まず階段が大渋滞!そしてお庭で待つこと約30分。びっくりしたー★ そんなに人気のお寺だったんだー((≧▽≦〃)

Photo_119前のお願い事が叶ったから、お礼参りと、次のお願い事をしてきたの♪ わらじを履いたお地蔵さん、また我が家でお待ちいたしておりますm(__)m

その後タクシーに乗ったらすごくいい運転手さんで、「河原町までいくらですか?」と聞いたら「2300円ぐらいかな。2000円でもいいけど」と言われたから、「じゃあ、2000円で先斗町まで行って下さい!」とお願いしたら、快く、メーター倒さず、“貸切”で走ってくれた♪ 本当はもっとかかるんだろうな。いい人だぁ(*´∇`*) それにしても、タクシーって値切れるんだ!知らなかったなあ☆

Photo_120タクシーだと、電車では通らない道を通ることができて、ちょっとした観光気分♪ 京都の裏道はあまり知らなかったから、新鮮だったな。

やっぱり京都は緑が多くていいねえ!今日は雲ひとつないいいお天気だったから、すごく気持ちよかったデス!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年5月21日 (日)

雨の日も着物でお稽古♪

Photo_121今日はお茶のお稽古。雨でもやっぱり着物。

雨の日に着物で出かけるのは気を使って大変だけど、結構好き。雨ぞうり履いて、雨ゴート着て、蛇の目傘をさして歩けば、着物ならではの風情が楽しめるから(*´∇`*)

Photo_117

晴れの日と雨の日は、同じ物を着ても、全然違う雰囲気になる。洋服ではこうはいかないもんね!

思いっきり雨の日を楽しむことで、憂鬱な日が、素敵な日に変わる。

やっぱり着物って最高デス(*^_^*)♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

鹿児島物産展☆

初めて、鹿児島物産展に行ってきたよ(*゜∀゜)ノ

鹿児島だったら何が出るんだろうと思ってたら、黒豚の産地だったね。豚の角煮、ラーメン、豚まん・・・黒豚がいっぱいだった!

おいしいものがいっぱいで、すっかりお祭り気分(*´∇`*)

Photo_113

中でも一番のお気に入りは、“白熊アイス”!!コンビニやスーパーで売っている白熊くんはよく食べるんだけど、鹿児島が本場だったとは☆ そのお店が出てたので舞い上がっちゃった♪

Photo_114いくつか種類はあったけど、本場の味と比べてみたいと思い、普通の白くまくんを注文。なーんと、白くまの顔がフルーツで作られていて、かわいすぎるっヾ(≧∇≦)〃 崩してしまうのはかわいそうだなぁと思いつつも、完食させていただきました★ 市販のものよりも、ミルクの味が濃くておいしかった~♪♪♪

運命の出逢いでございました(*^_^*) 鹿児島行きたくなったなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

バラ会議・フェアウェルパーティー

Photo_110大阪でのバラ会議もいよいよ明日で終わり。 今日はそのフェアウェルパーティーでした。すごくたくさんの人!開会式と同じく、日本人半分、外国人半分で、700人ぐらいだったんじゃないかな。

途中の余興では、津軽三味線が、日本の美しい自然をバックに披露されていました!

Photo_111今日も2006の女王・石田明子ちゃんと一緒。今日は、お出迎えと、表彰式の介添えをした以外は、着席してディナーをおよばれしてました♪と言いつつも、あっこちゃんとは別々の席(~_~;) 私は、嬉しいことに、前々から親しく話していて、もっとお近づきになりたいと思っていた美人姉妹と同席☆(写真左下)。明るくてキュートで、ついつい目で追ってしまうほどのお二人です(*´∇`*)

Photo_112つたない英語で始終会話。映画「SAYURI」のこととか、英語の勉強法とか、おすしのこととか、イギリスのこととか、日本のこととか・・・いろいろ話した。そしてなんと、めでたくお友達になってもらうことができましたヾ(≧∇≦)〃 お手紙書きながら英語の勉強しよー。

            **********

今日のパーティーは昨日と違って、皆さん、正装でいらしてた。ほとんどの方が洋服だけれど、やっぱり民族衣装が目立ってた。スコットランドの衣装、インドのサリー、日本の着物・・・。民族衣装ってやっぱり最高!衣装はその国の文化の象徴なわけで、ドレスももちろん素敵だけれど、民族衣装には勝てない気がする。伝統のある国だからこそ持てる衣装なのだから、それを活かさないのはもったいない!!他の国のマネをしたって、勝てるわけない。もっと、日本人は伝統ある日本の素晴らしさを理解しなければいけない。もっと日本人であることに誇りを持って、自国を愛さなければならない。絶対に着物はすたらせてはいけない!改めてそう思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年5月17日 (水)

バラ会議・歓迎レセプション

Photo_10715日は、バラ会議の歓迎レセプション。

鏡割りをする方たちを壇上へ誘導し、鏡割りのお手伝い。その後は、会場にてまた皆様との写真撮影。お客様は毎回同じだから、割と着物を見慣れてきたのではないかな? 開会式の時のパーティーに比べると、落ち着いた感じで時が流れたな。でもその分、一人一人とゆっくりお話ができて楽しかった♪

途中、大阪の芸者さんが和太鼓に合わせて、大阪の踊りを賑やかに踊っていらっしゃって、会場はお祭りムード☆ 外国の方は、とっても喜んでいらしたようです♪その後しばらくして、チークダンスを踊る夫婦を発見!映画のワンシーンのようでかっこよかったなぁ(*´∇`*)

Photo_109連続してインターナショナルな会に出席していると、英語に少しずつ慣れてきた。話せば(文法的に間違っていても)通じることがわかって、話す度胸が出てきた、という感じかな。やっぱり机に向かうよりも、実際に話すことが一番大切だと悟った。もっとたくさんの人とお話して、もっと自由にどんな会話でもできるようになりたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

ローズショー@鶴見緑地

Photo_106 14日の仕事の後、花博記念公園鶴見緑地で開催されていたローズショーに行ってきました♪

Photo_99なんと、5月12日~14日の3日間だけだったみたい(~_~;) バラ会議の間中ずっと開催されているのかと思ってたけど、バラがきれいに保たれるのが3日間で限界だったみたい。

Photo_100会場に 着いた途端、バラのものすごくいい香りが漂ってきて幸せな気分に♪ 中に入ると、辺り一面バラ、バラ、バラ☆見たことのないバラもたくさんあって、びっくり!バラって奥が深かったんだー。

Photo_101会場は洋風なもの以外に和風庭園もありました!でも、ステレオタイプのバラとは違ったものが多くて、和風庭園に自然に溶け込んでて素敵でした☆ ちなみに右の写真は、バラの盆栽!Photo_102

そして、菊人形ならぬ“バラ人形”が作られていて、とってもキレイでした!!初めて見たなぁ(*´∇`*)

今回のローズショーで注目度ナンバーワンの、サントリーが開発したという青いバラもしっかり見てきましたw 特別室にて、ショーケースに入れられていて、しかも警備員に見守られる中、厳かにいらっしゃいました☆ 写真撮影禁止だったので、お見せできないのが残念(>_<) 青というよりも、紫色かな。でも、今までで一番青に近いバラ。ガラスの仮面を思い出したわ(笑)

Photo_103会場には、青いバラをイメージして作られた、桂由美さんのウェディングドレスも飾られていました!!さすが、とっても素敵なものばかり!! 開会式の時に桂由美さんがいらしてたから、バラ愛好家の一員さんなのかと思っていたら、そういうことだったのね~。

Photo_104また別の部屋にて、個人の作品が展示されていて、どれも素晴らしいのはもちろんのこと、変わったものが多かったので、楽しかったデス!左写真は、バラを染めたんでしょうね。カラフルでびっくり!かわいかった♪ 同じバラでもアレンジの仕方ひとつで、全然違うものに見えるから不思議!

Photo_105あっという間に幸せな時間が過ぎてしまった。いつまでも眺めていたくなるぐらい、バラって魅力的(*^_^*) バラ会があるのも納得!もっともっと、バラについて詳しく知りたくなりました。 

右写真は、石田明子ちゃんと、大阪きもの振興会の三井さんデス!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年5月14日 (日)

バラ会議・ツアー@四天王寺

Photo_9414日。バラ会議の関係で、四天王寺へのバスツアーに参加してきました!

都ホテルを出発して、約10分で、四天王寺に到着。98%ぐらいが外国の方でした。

Photo_95今回の私の役目はお茶席でのお手伝い。お茶室までは 、とっても美しい庭園を通ります♪ 四天王寺は初めて行ったけど、こんな美しい庭園があるだなんて、全然知らなかった!!ちなみに“極楽浄土(PARADISE GARDEN)”と名付けられているらしい。

庭園では、外国の方との写真撮影。私は日傘をさしていたので、写真を撮るときに邪魔かと思って閉じたら、「傘をさして」と言われた。「日傘がきれい」って。確かにお気に入りの日傘ではあるけれど、蛇の目とかではない、普通の日傘に興味を持たれるとは思わなかったなぁ。そういえば、外国で日傘って使わない? 日本だけ?

Photo_96

お茶室では、お菓子とお茶のお運び。全部、水屋からの点て出しでした。

でも、お客様が、道具の使い方やお茶の点て方が知りたいと要望されたので、私が自主的にお点前の流れを再現してみたら、結果的に“お点前ショー”のようになって、拍手をいただきました(*´∇`*) 通訳の方の解説が入ったから、よくわかって楽しんでもらえたようで、とっても喜んでいただけたからすごく嬉しかった♪ お茶をしていてよかった~。

Photo_97なので、本当は私は午前中だけで、午後からは石田明子ちゃんに交代のはずだったけれど、午後からも一緒に行くことになりました☆

そして終わった後、鶴見緑地でのローズショーを見てきました!その詳細はまた次回に(*^_^*)

ちなみに、今日は着物が自由だったので、バラ会議にちなんで、バラのお着物にしてみました♪ これも母の娘時代の着物です☆★☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

バラ会議・開会式

Photo_91世界バラ会議大阪大会の開会式に行ってきました!今回は2006全日本きものの女王の石田明子ちゃんと一緒♪

会場は大阪国際交流センター。入口入ってすぐの広場に何種類ものバラが素敵に飾られてました(*´∇`*)

Photo_92開会式は外国からのお客様と日本人と、半々ぐらいで、全部で700名強!私たちは、「ばらの歌」を歌うかわいい子供たちを先導して壇上まで歩いて行ったり、表彰式のメダル授与の介添えをしたり。盛大な開会式でした☆

日本ばら会の名誉総裁である、寛仁親王妃信子さまのお嬢様が(代理で)いらしていたこともあり、厳戒な警備!! とっても強そうな黒服のボディーガードがたくさんいて、さらにスタッフも常に警戒態勢。何より驚いたのが、会場の入口には、金属探知機がΣ(゜ロ゜;) 空港以外で初めて通ったなぁ。でも案の定、開会式の直前に、靭公園から強制撤去させられたホームレスの方の暴動が起こったらしい。無事に一日が終わって、本当によかった!ま、この期間中はずっと気を抜けないんだろうけど。。。

Photo_93開会式終了後、立食の昼食会があり、またいろんな方と写真を撮ってました!お嬢様が中央で報道カメラマンに囲まれてフラッシュがまぶしかったけれど、私たちも端っこで負けてなかった気がする(笑) 「あなたたちは、日本のバラだ」とか言われたりして(爆!) やっぱり外国の方には、着物はとても喜んでもらえるから嬉しい(*^_^*)

バラ会議は、ツアーに参加したり、レセプションに出席したり、後3回行ってきまーす♪ バラ公園も見てこなくちゃ♪♪

バラは、大阪の鶴見緑地公園において、入場料500円で見ることができるそうなので、是非是非行ってみてください(* ゜ 3 ^)ノ⌒★

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

世界バラ会議大阪大会スタート☆

世界バラ会議大阪大会が始まりました!

この大会がアジアで開催されるのは初めてとのこと☆ サントリーが開発した青いバラも出るのだそう!大会中は、花博記念公園(鶴見緑地)が、世界のバラや日本のバラで彩られます♪

私は、明日(12日)の開会式に、きものの女王として出席してきます!ワクワクするな〜♪

ただ…このバラ大会のために靭公園のホームレスの方を強制撤収させてしまったから、もしかしたら明日、暴動が起こるかもしれないらしい(*_*) 警備もかなり厳しくしてるらしいけど。。。

なんとか、平穏無事に大会が進みますように!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

想い出は美化される?!

めちゃめちゃおいしいし、安いしボリュームあるし・・・で、最高だったイタリアン☆何を食べてもおいしいんだけど、一番は生ハムのピザで、生ハムがピザからこぼれ落ちそうなぐらい、こんもり乗っていて驚いた記憶があった。でも行きたい行きたいと思いながらも、ここ5年ほどは全然行けてなかった。

しかーし、その5年分の積もりに積もった想いを持ってそのお店に行き、そのピザを頼んだら、生ハムが敷き詰められてはいるけど隙間もあって、普通のお店程度だった(T_T) もちろん味はおいしいんだけど、記憶とあまりに違ってショックだった。

5年も間があいているから、お店の方針が変わったのか? それともやっぱり私の記憶がどんどん美化されていってしまったのか。。。

想いが深かっただけに、ショックはかなり大きかったのでありました。゜゜(´□`。)°゜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

おなかのゴジラを退治して~(>_<)

私のおなかには、絶対ゴジラが住み着いている!! 

出現するのは、着物着用時のみ。だて締めか、腰紐か、何かを締めた時から、ゴジラは目覚める。

「ぐぉぉぉぉ」

すごい音。おなかがすいた時とは全然違う、凄まじい音。

着付け中は鳴きっぱなし。でも外出すると、ゴジラも恥ずかしいのか、音がマシになる。でもふとした瞬間、鳴いてしまうことも。この音がおなかから発生していると知らない人は、大きなおならをしたと思っているに違いないo(;-_-;)o

胃で消化機能が働いている音かも、と聞いたことがある。でもおなかがすいていても、ご飯を食べた後でも容赦なく鳴いている。私のおなかはずっと消化中?だからよく食べるのか?!

う~ん、これは一体何だろう? 誰か、ゴジラの正体を知っている人がいたら、退治の方法を教えてくださいm(__)m 真剣に悩んでいます。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月 9日 (火)

ぶらりと淡路島へ

所用があって、ちょこっと淡路島へ。淡路島は、数年前まで毎年夏には行っていたのに、めっきり足が遠のいてしまってたから、懐かしかったなぁ。

淡路島に行くと、必ず寄るのが、明石海峡大橋を越えてすぐのサービスエリア☆ 海も橋も見える、最高の眺め!そしてまたそこのソフトクリームが最高♪♪

でも、なんと今日は、そのソフトクリームに勝るおいしいものを発見してしまった!帰りの方(上り)のサービスエリアにあるシュークリーム!! 淡路島の牛乳から作られた濃厚なクリームがいっぱい詰まってるの。しかも、注文してから皮にクリームを詰めてくれるから、サックサク☆ お持ち帰りにしたらちょっとしなっちゃったから、その場で食べるのがベストかな。こんなものが登場していたなんてびっくり★

淡路島へは橋の通行料が往復五千円ぐらいかかるのが痛いけど、近いリゾート地だから、すごくいいなぁと改めて実感。今日はお天気もよかったから、きれいな海を見ながらのドライブで、身も心もリフレッシュされました(*´∇`*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

どざえもん注意報

お風呂ですぐに寝てしまう、私の悪いクセ。起きたらお湯がお水になってしまってたり。でも、ぷかぷかとお湯のお布団みたいで、すごく気持ちいい。

そんなんだから、しょっちゅう母上に怒られてる(~_~;) 15cmのお水があれば、人間は死んでしまうのだという。

お風呂で寝てしまって亡くなった人って結構多いみたい。お茶で一緒のおばあちゃん先生のお知り合いも、先日お風呂で亡くなったらしい。生でそういう話を聞くと、少し怖くなった。

気をつけなくちゃ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年5月 6日 (土)

初風炉のお稽古

Photo_90今月から、先日作った風炉でのお稽古。

5月は“道安風炉”。右写真のように、前から火が見える風炉。また10月にも名残として使うけど、6月~9月は暑苦しくないように、前からは火が見えない風炉を使います。

この風炉は、鉄でできていて、書いたら「鉄道安風炉」。これの正しい読み方は「鉄のドウアン・ブロ」。かつて、それを「鉄道・ヤス・ブロ」と読んだ人がいて、大爆笑になったことがあるらしい。鉄道にある安いお風呂みたいで、言い得て妙な感じ((((((≧∇≦))))))

お茶の言葉って禅の言葉がほとんどで、漢文のようなものも多いから、すごく特殊で難しい!ひとつひとつ覚えていくしかないかなぁ。でも、このドウアンブロは、一生忘れなそう(*^_^*) 全部にこういうおもしろエピソードがあるといいのになぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちーちゃんのお墓参り

愛猫のちーちゃんが逝ってしまって、早2ヶ月半。引越しでバタバタしていたこともあったけど、何よりまだ辛くて、お墓参りに行ってあげられてなかった。

ちーちゃんは早く来て欲しかったのか、一緒にいることを示すためなのか、家の至るところにいた。爪がタンスから出てきた後、なぜか倉庫から一枚の写真が出てきた。本当に不思議。

夢も何回見たことか。今朝も見たところだった。でもいつも見る夢はだいたい同じで、今の家に一緒に住んでる。今朝は昔のように、私の腕枕で一緒に寝てた。夢から覚めるのが嫌だった。

今でも猫を見ると悲しくなる。まだペットショップに行くことができない。

でも今日、お墓参りに行けて、少し心が軽くなった。

「待たせてごめんね」って謝った。風が吹いた。声が聴こえた気がした。「ずっと側にいるよ」って。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

史上最強☆わらび餅

温泉わらび餅

夢千代日記の舞台となった、兵庫県の湯村温泉から、臨時で阪神百貨店に来ていた和菓子屋さんのわらび餅。温泉水が入っているらしく、見た目があまりにぷるぷるとおいしそうだったので、お買い上げ。その後、試食。

おいしすぎてびーっくり(*≧∇≦)ノ<※*・:*:`♪:*:。*・☆*

とにかく弾力がすごくて、ぷっるぷるのもっちもち!!!!! 自分でも作ったりするぐらいのわらび餅好きだけど、これは今まで食べたわらび餅のどれよりもおいしい☆☆☆ 本当に温泉だけの効果?くずが入ってるのかな? 本当にびっくりした。衝撃的な出合いだった。

このお店がなくなると、お取り寄せも難しそうだし、すごく悲しい(:_;) 湯村温泉行こうかな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年5月 4日 (木)

初夏の北海道展

Photo_89またもや、人ごみの中、物産展に足を運んできました!今回は、“初夏の北海道展”。

いつもの“大北海道展”とは響きが違ったので、何かが違うのだろうと思って行ってみたら、やっぱり違った!規模が小さくて、人数は多いのに、いつものガチャガチャした熱気がなく、なんだか爽やかな感じがした。

規模が小さいから競争相手があまりいないためか、試食がほとんどできなかった。残念(>_<) やっぱりいつも試食によって惹きつけられているのかもしれない。購買意欲があまりわかなかったなぁ。あと、いつものガチャガチャがお祭りみたいで、今回はお祭り好きの私の胸が躍らなかったのかも。。。

次の物産展に期待☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

超~キモチワルイ植物発見(>_<)

Photo_87吐き気がしそうなほど気持ち悪い木を発見!!!

最初、てんとう虫が葉っぱにとまってるのかなと思って、よーく見てみると・・・なんと、葉っぱからニキビのようなものがブツブツ盛り上がって出てきてるの(>_<) しかもひとつの葉っぱには、いくつもブツブツが!木全体にわたって!!

ぎやあああああ~~~~~(ノ≧ロ)ノ

Photo_88 虫にやられてるのかとも思ったけど、葉っぱの裏には同じようにぽこっと出てたから、実ができるか、花が咲くかに違いない。右写真の花筏のように、葉っぱから芽(花?)が出るものもあるけれど、そんなかわいいものではなかった!!

一体あれは何という植物なんだろう?!

あぁ、今思い出しただけでも、鳥肌が。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

炉・風炉入れ替え

お茶では、5月から風炉に替わるので、その入れ替え作業をしてきました!シンデレラ(灰かぶり姫)になってしまうので、今日は洋服で。

畳を、炉が切ってあるものから、切っていない普通の畳に換え、炭も炉用から風炉用の小さいものを準備しなおします。

Photo_83灰も、炉と風炉とでは使うものが違うので、炉が終わるときに、半年後の炉の灰を作っておきます。(逆に、風炉が終わる時には次の風炉用の灰を作ります。)

Photo_84まず、写真左のように、今まで使っていた炉の灰をふるいにかけて、炭などの不純物を取り除きます。 そしてその灰に、タンニンの多い番茶をまぜ(写真右・右側の樽)、1年間置いておきます。すると、左側の樽のように、乾きます。その乾いたものをまたふるいにかけ、粒上になったものを炭点前の濡れ灰として用い、その残りのサラサラした灰を、普段用に使います。なんてことのなさそうな灰なのに、実は結構大変な手間がかかっているのです。風炉の灰はそこにまた手を加えていくので、灰作りは1,2年じゃできません!

Photo_85Photo_86風炉の準備もします。灰を入れて、きれいに押さえていくのだけど、これがまたとっても根気のいる作業!写真右のように完成するまで、なんと3時間ほどかかります(>_<) 私もさせてもらったけど、簡単そうに見えて、結構テクニックがいるのです。 こんな風に灰を押さえていくって、一体誰が決めたんだろう? 最初に始めた人は誰なんだろう? きっと、几帳面で、時間がたくさんあった人だったんだろうなぁ。

表向きは美しく見えるお茶も、裏側は大変なものなのデス。

見えない部分での努力がないと、美しい花は咲かない。お茶も人生も、全部一緒なんだね☆★☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »