« 結膜炎で視力低下?! | トップページ | 炉・風炉入れ替え »

2006年4月30日 (日)

炉の終わりは“釣り釜”で

Photo_82お茶では、来月に、“炉”が“風炉”に替わります。夏向けになるということです!

今日のお茶のお稽古は、ちょうどその切り替え前だったので、“釣り釜”という、天井からからたらしたくさりにぶらさげた釜でお茶を楽しみました♪ 釣り釜は、一年でこの時期にしかしないので、とても贅沢☆ 火の熱気でゆ~らゆ~らと静かに釜が揺れるのも、爽やかでいい感じ♪ 「あー間もなく夏がくるんだ!」と感じることができました(*´∇`*)

また、横にある“旅箪笥”という棚も、ぽかぽかとした日に、野点て(外でするお茶)をしている雰囲気を味わせてくれます♪ これも、ピクニックをしたくなるような心地よい季節にしか使わない、つまり、この時期ならではのものなのです。

060429_113814_m お茶にも着物にも通じる素晴らしいところは、日本の四季を存分に楽しめること☆

日本文化は、今のせわしない世の中とは相反した、でも日本人のDNAが求めている“癒し”ではないかと私は思います(*^_^*) 

|

« 結膜炎で視力低下?! | トップページ | 炉・風炉入れ替え »

お茶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28550/1619018

この記事へのトラックバック一覧です: 炉の終わりは“釣り釜”で:

« 結膜炎で視力低下?! | トップページ | 炉・風炉入れ替え »