« 生田神社の観桜祭 | トップページ | 利休忌・利休居士供養之茶会 »

2006年4月 8日 (土)

生田神社にてお茶会

Photo_57Photo_557日に、神戸の生田神社にてお茶会があり、私の宗匠が釜をかけられたので、“お運び”をしに行ってきました☆

Photo_59Photo_58生田会館をずっと奥に進んだところにある神泉亭の担当。とってもいい天気だったから、池の側を歩くのが、すごく気持ちいい♪ 緑がとてもきれいで、噴水がとても爽やか☆そして、池のほとりに咲く桜が満開で、茶室前の景色も最高!

時間は朝9時~15時まで。一番人が多いのは午前中だった。やっぱりおばあちゃまが多いからみたい。8時半ごろから並んでいらして、感心デス。

Photo_56Photo_60お茶室は、広く使うために、普段水屋として使っている部分も茶室にしてしまったので、水屋は人数のわりに狭くてわさわさとしていたけれど、いつもの通り段取りよく進んでいきました。先輩方は水屋でお茶を点てるお役。(お客様が大勢の時は、時間の都合上、3人目からは水屋で点てて持っていきます)。私たち若年者はそれをお席に運びます。

でも、2席目に京都からお家元が来られたときは、みんなものすごく緊張してしまい、いつもよりカチカチになってしまってた。いつもは普通にできていることができなくなって、なぜか亭主が茶筅を落としてしまったり、お運びの段取りが少しにぶってしまったりのトラブル続き(>_<) お家元の存在感・威圧感はすごすぎる。。。

Photo_61

全12席が終わった後、すぐにお片づけ。おかかえのお道具屋さんと先輩方が中心になって片付けます。大量の茶碗や菓子器を元の箱に戻して片付けるのは結構大変。割らないように丁寧に扱います。片付けること、約1時間。

Photo_62 私は、今回は夜桜風の、黒地に桜の訪問着。母の物を借りてみました♪八掛けが薄墨色(グレー)なので地味かと思ったけど、着てみたくて(#^.^#) 金と朱色の帯と合わせて、赤の帯揚げと帯締めをしたから、思ったほど地味じゃなかった気がする。着物って、代々受け継いでいけるから、本当にすごいよね☆

|

« 生田神社の観桜祭 | トップページ | 利休忌・利休居士供養之茶会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わ~スゴクステキですね☆
お庭もとってもきれい(><)★
NHKの番組にでてきそおですね!!!
お着物姿もさすがよしこさん!!
すばらしいです★☆

投稿: きょん★ | 2006年4月 9日 (日) 17時36分

きょんちゃん☆

いつもありがとう(*´∇`*)
町中にあるにも関わらず緑がいっぱいだったりして、神社ってすごく神秘的な空間だよね~。
今度関西に来た時に、神戸も観光してみたら?!京都からだと1時間だよ☆

投稿: よしこ | 2006年4月 9日 (日) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生田神社にてお茶会:

« 生田神社の観桜祭 | トップページ | 利休忌・利休居士供養之茶会 »