« 所属事務所、決まりました☆ | トップページ | 都をどり »

2006年4月27日 (木)

「平家物語の夕べ」

25日に「平家物語の夕べ」の大阪公演を観てきました!

能舞台にて、平家物語を、原文のまま、ひとりずつ違う形で表現していくもの。公演ごとに出演者や演目が違って、大阪公演は、若村麻由美さん、坂田美子さん、岡橋和彦さん、平井真軌さんの出演。

若村さんは「小宰相身投」。討たれ死んでしまった平道盛の妻・小宰相の悲しみが設楽瞬山さんの尺八に合わせて、涙涙の素晴らしい一人芝居で演じられてました☆能舞台だから能の間を取り入れた厳かな雰囲気もあり、でもお芝居になっている、なんともステキな舞台でした(*^_^*)

全てのお話が原文のままだから、久しぶりに古典を勉強した感じ(~_~;) なんとなくしか意味がわからなかったけれど、すごくそれぞれに伝わってきた。かの有名な「祇園精舎」など、琵琶を弾きながら謡う演目もあって、雰囲気があって、よかった~♪ こういう形で、“想い”を感じるところから勉強すれば、古典ももう少し頭に入ったかもしれないな。また改めてお勉強しなおそ★

|

« 所属事務所、決まりました☆ | トップページ | 都をどり »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「平家物語の夕べ」:

« 所属事務所、決まりました☆ | トップページ | 都をどり »