« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

炉の終わりは“釣り釜”で

Photo_82お茶では、来月に、“炉”が“風炉”に替わります。夏向けになるということです!

今日のお茶のお稽古は、ちょうどその切り替え前だったので、“釣り釜”という、天井からからたらしたくさりにぶらさげた釜でお茶を楽しみました♪ 釣り釜は、一年でこの時期にしかしないので、とても贅沢☆ 火の熱気でゆ~らゆ~らと静かに釜が揺れるのも、爽やかでいい感じ♪ 「あー間もなく夏がくるんだ!」と感じることができました(*´∇`*)

また、横にある“旅箪笥”という棚も、ぽかぽかとした日に、野点て(外でするお茶)をしている雰囲気を味わせてくれます♪ これも、ピクニックをしたくなるような心地よい季節にしか使わない、つまり、この時期ならではのものなのです。

060429_113814_m お茶にも着物にも通じる素晴らしいところは、日本の四季を存分に楽しめること☆

日本文化は、今のせわしない世の中とは相反した、でも日本人のDNAが求めている“癒し”ではないかと私は思います(*^_^*) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

結膜炎で視力低下?!

最近、急に目の見え方が変わってきた。コンタクトをしててもどうもぼやけるので、眼科に行ってみたら、やっぱり視力が落ちてた(>_<)

徐々に落ちるのはわかるけど、急にというのは、やっぱり結膜炎になったせいかしら?

たかが結膜炎、されど結膜炎。あなどるなかれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

都をどり

Photo_78京都・祇園の歌舞練場にて行われている“都をどり”を観に行ってきた♪ 京をどりはほぼ毎年行ってるけど、都をどりは久しぶり。

表には観光バスがいっぱいだった。 中には外人さんも地方からの人もいっぱい!ツアーが組まれたりしてるんだー。

Photo_79まず、舞妓さんが点ててくれるお茶席にて、お茶とお菓子をいただいてほっこり。お菓子のお皿はお持ち帰り♪ お茶は裏千家だった。そういえば、芸者さんたちってみんなお裏さんだね。なんでなんだろ?

今回のお点前は、衿替え前の舞妓さんだった!間もなく芸者さんになるんだね。黒紋付から見える赤い衿に色気を感じたな~(*^_^*)

Photo_80

舞台に向かう時、お庭を拝見しながら進みます。お庭はとってもステキ☆  八重桜がまだきれいに咲いてました!

客席は満席の中、華やかに踊りが披露されました♪ 祇園は井上八千代サンの振り付けだから、すごく特徴がある。全員で踊ったりすると、揃うからきれいだよね。

毎年は行けてないけど、ちょこちょこ行くと、舞妓さんの成長ぶりが見られておもしろい!上手になったなーとか、きれいになったなーとか。みんなきっと同じように見守る気持ちで来てるんだろうなぁ。また今度見られるのが楽しみだ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

「平家物語の夕べ」

25日に「平家物語の夕べ」の大阪公演を観てきました!

能舞台にて、平家物語を、原文のまま、ひとりずつ違う形で表現していくもの。公演ごとに出演者や演目が違って、大阪公演は、若村麻由美さん、坂田美子さん、岡橋和彦さん、平井真軌さんの出演。

若村さんは「小宰相身投」。討たれ死んでしまった平道盛の妻・小宰相の悲しみが設楽瞬山さんの尺八に合わせて、涙涙の素晴らしい一人芝居で演じられてました☆能舞台だから能の間を取り入れた厳かな雰囲気もあり、でもお芝居になっている、なんともステキな舞台でした(*^_^*)

全てのお話が原文のままだから、久しぶりに古典を勉強した感じ(~_~;) なんとなくしか意味がわからなかったけれど、すごくそれぞれに伝わってきた。かの有名な「祇園精舎」など、琵琶を弾きながら謡う演目もあって、雰囲気があって、よかった~♪ こういう形で、“想い”を感じるところから勉強すれば、古典ももう少し頭に入ったかもしれないな。また改めてお勉強しなおそ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

所属事務所、決まりました☆

オフィス春花(シュンカ)。所属決まりました!

ここは若村麻由美さんの個人事務所。だから若村さん以外いないはずだったところで、面倒を見てもらえることになりました!それもこれも、1年半付き人として一緒にいたからよくわかってもらえているおかげです。

引き続き、きものの女王の活動も並行してしていくので、今のところ居住地は関西デス。

目指すは「日本の美を伝えられる女優」☆★☆もっともっとお勉強していかなければなりません!頑張ります!

今後とも、ご支援、どうぞよろしくお願いいたします(*´∇`*)♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

人前式&披露宴行ってきた♪

中学、高校、大学と一緒で、大学時代特に仲良くしてた、あーちゃんの結婚式に行ってきました!

人前式って招待状に書いてあったから、何だろう?と思ってたら、文字通り、人の前での挙式だった。「目の前の皆さんが証人ですよ」ということのようで、披露宴に来た人の前で愛を誓うの。文書を読んで愛を誓った後、指輪の交換。そして、なんと婚姻届にサインしてた!婚姻届に書き込むのは見たことなかったからドキドキしちゃった★しかも、婚姻届って白かったんだ~。よくドラマで見る緑の紙は離婚届だったんだね(~_~;)

人前式の後、そのまま場所移動なしで披露宴。感動はあるのにお涙ちょうだいシーンが全くない、明るく、エンターテイメント性の高い、すごく楽しい宴!新郎新婦とお客さんが一緒に踊ったり歌ったりもあった。笑顔の絶えない、すごくいいパーティーだったな(*^_^*)

何よりステキなのが、新婦さんのウエディングドレスは、洋裁の先生であるお母さんの手作り!!実際にすごくステキなドレスだったけど、それ以上に、心がこもっていて最高だなと思った。

やっぱり結婚式っていいね☆二人の最高に幸せそうな笑顔を見ていて、私もすごく幸せな気分になった。本当にいい人と出遭えたね、あーちゃん♪末永くお幸せに(*´∇`*)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月22日 (土)

お茶事稽古@有馬

Photo_77今日は、母の代理で、母の友達に混ざって、お茶事のお稽古。有馬グランドホテル内の茶室、雅中庵にて。

私は表千家だけど、今回は、裏千家流。流派が違うとやっぱり、至るところが違ってた。全体を通して、お裏さんの方が表よりも後にできたということもあるのか、合理的な気がする。

表は泡をたてないお茶だけど、裏は泡こんもりのお茶。普段お稽古で泡がいっぱいたっているお茶だと「お裏さんになってる」と言うけれど、今日は逆に、泡がないお茶を「表のお茶になってる」と言っていた。別に皮肉のつもりはないのかもしれないけれど、その比較した言い方を聞くと、どうしても皮肉っぽく感じてしまう。お互い自然に根付いているライバル意識なのかな?

違う流派のお点前は、テレビや大寄せの茶会では見ることはあっても、間近で見たのは初めてで新鮮だったな♪ 特に今回は、回り炭、回り花、花月などもしたので、いろんな違いを体感できた。 めったに他のところのお稽古には行けないけれど、たまには違うものを見て勉強するのもいいかもと思った。

今でこそ流派は違えど、元はひとつ。そして心はひとつ。お茶はお点前じゃなく、心を重んじるもの。とっても奥が深いからおもしろいデス(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

お気に入り“抹茶白玉クレープ”

Photo_75神戸の中華街にある、ぷち・くれ~ぷ

魔法のレストランという番組でも紹介されたらしいけど(関西のみ?)、普通のクレープの他に、えびチリクレープ、北京ダッククレープなどなど、中華街らしいおもしろいクレープがいっぱいあるの☆

Photo_76 私は、ここの“抹茶白玉生くりーむ”というクレープが、大のお気に入り♪ 実際のものは写真撮る前に夢中で食べてしまったから、写真がないのだけど、右写真のように皮が緑色!抹茶の皮なのデス!!その皮の中にあずきと生クリームと白玉がいっぱい入ってて、白玉がもちもちとおいしすぎっ(*´∇`*) さらに、いつも「白玉プラスで」と注文してるぐらい、私はもちもち好き。

いろいろ工夫できるので、こないだは生クリームを追加してみたら、ケーキみたいでおいしかった♪ その前は、イチゴ(練乳入り)を追加してみたら、イチゴ大福というか、イチゴパフェというか、これまたおいしかった~。

お店の方には顔も覚えてもらってるぐらい通ってます(^_^;) やみつきなり★

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月19日 (水)

呉服神社

Dvc00005_1昨年度は、大阪織物卸商業組合のホームページの中で、“手ぬぐいロード”という名で、手ぬぐいのインタビューをしてきた。それに代わって今年度は、2006全日本きものの女王・石田明子ちゃん(大阪・近畿地区)と一緒に、“着物のルーツを探る(仮)”ということで、また大阪文化を再認識&発信していこうと企画中デス!

そのひとつとして、大阪・池田市にある“呉服神社”(くれはじんじゃ)を取材するので、今日はその下見&打ち合わせに行ってきた。呉服神社とは、実は日本に着物が最初に入ってきた場所らしく、それは神話に残っているらしい。まだ勉強していないので詳しくはわからないけれど、奥が深そうで、宮司さんへのインタビューが楽しみ♪

Dvc00003_1本殿は赤と緑でできていて、すごく中国的な感じ。昔は木だったけれど、改装されてこの色になったらしい。そして正面にはなんと、鳳凰の絵が描かれたステンドグラスが☆ これも“呉”が関係するのか?!要チェックだわ!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月16日 (日)

国際ロータリー地区大会 二日目

Photo_74国際ロータリー地区大会表彰式に、昨日に引き続いて行ってきました!

今日のメンバーは私、2006全日本きものの女王・頭川展子ちゃん(中)、2003京都きものの女王・大島若兼子ちゃん(右)の3人。私は昨日と同じ着物だけど、帯と帯締め、帯揚げを替えてみました~。

今日は昨日より大きな会場で、2000人ぐらいの人だった。でも内容としては昨日と変わらず、表彰状渡しの介添えをしたり、記念撮影に一緒に写ったり。

会場の外で頼まれた人と写真撮影もしてたんだけど、なんと、どさくさにまぎれて、手をにぎってきたおじさんが!!!!!

お願い、やめてーっっっ((_ヾ(≧血≦;)ノ_))

鳥肌たった。酔っ払ってもないのに。ホステスか何かと勘違いする人もいるんだと初めて知った。人と接するのが怖くなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

国際ロータリー 2005~2006年度地区大会

Photo_72国際ロータリー第2650地区の2005~2006年度地区大会にて、表彰状&景品渡しに行ってきました!

ロータリーが一番最初にできたのは、アメリカ。2650地区とは、京都周辺の4府県のことらしい。そのロータリーに入っていらっしゃる方々の功労賞他、20種類ほどの賞が贈られたので、その介添えデス。人数は300人ぐらいかな。

その後、晩餐会に出席。芸者さんや舞妓さんも何人か来られていて、とても華やかなパーティー。外には、ロータリーが植えたという夜桜が見えてキレイだった。今年は寒いから桜が長くていいねえ♪

その中で、天満敦子さんのバイオリン演奏(伴奏は吉武雅子さん)があって、美しい音色にうっとり(*´∇`*) バイオリンは名器、ストラディバリウス☆ 私にでもわかるぐらい、本当にステキな音だった!! 楽しい曲でも悲しく響いている気がした。全7曲。その中で、“ハンガリー舞曲第一番”と“北の宿から”では、なぜかうるっときてしまった。やっぱり音楽の持つ力ってすごい!

Photo_73昨日は、2004京都きものの女王・芦田ないるちゃん(左)、2006全日本きものの女王・中谷響ちゃん(中)と一緒♪

今から、また地区大会の二日目に参加してきまーす!今日も3人だけど、他の二人がメンバーチェンジするみたい。また報告します(#^.^#)

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年4月15日 (土)

2年ぶりに師匠と再会♪♪

若村麻由美さんの付き人生活から、実家に戻り、早2年。今までなかなかタイミングが合わなくて会えてなかったけど、2年ぶりに再会できた\(*^∇^*)/ 今度の舞台のPRに大阪に来ているので。

若村さんは最近「けものみち」などで絶好調☆ 相変わらずキレイだったし、相変わらずおちゃめだった~♪ すごくご無沙汰にしちゃったのに変わらず優しく接してもらえて、幸せデス!!

私が第一声目に言われたこと。

「ちゃんと痩せたね!よかった!」

あの頃、京都に時代劇の撮影でこもっている4ヶ月の間にみるみる太っていった私。「中途半端な女優はいらない。太るなら思いっきり太りなさい!それが嫌なら痩せなさい!」って言われていたにも関わらず、付き人中はあまり痩せられなかった。「家で痩せること」って言われて実家に帰ったから、元に戻ってよかったー。

若村さんにはすごくお世話になった。付き人期間の1年半が今の私の基盤になっているというほど、充実した大切な1年半だった。いっぱいいっぱいの過酷な日々を乗り越えた今、並大抵のことは何とも思わなくなったし、私は一生懸命頑張れるんだって自信がついた。

私の中には若村論がいっぱい詰まっているし、それは今の私の考え方のベースになっているように思う。その考え方は、若村さん自身が無名塾時代に宮崎さん(仲代達矢さんの亡き奥様)に教わったことで、自分の中に根付いたものだから自信を持って言ってあげられてるのだと、今日聞いた。

「近くにいるときはわからなかったけど、すごく成長したね!」

とも言ってもらえた♪ 会わない間にダメになったって言われたらどうしようかと思ったからほっとした。若村さんに褒められると本当に嬉しかった(*´∇`*)

帰りがけに、

「お母さんみたいな心境なのかな、何とかしてあげたくて仕方なくなる」

って言われて喜んでたら、

「デキの悪い子ほどかわいいって言うじゃん(笑)」

って。。。確かにそおだと思います( ̄~ ̄;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

鬼に変身!

060414_005129_m_2 結局結膜炎はうつるようで、右目だけだったはずが、朝起きたら両目になってました(>_<)

涙っぽくなってしまうし、目がいつもより開かないからしんどいけど、痛みやかゆみはそんなにない。

目やにはマシになってるけど、何より充血がひどい!!! あまりに赤くて、もうウサギなんてかわいいもんじゃない。怪談とかに出てきそうな感じ( ̄~ ̄;) 今にも赤い血がたれてきそう。

人間の目じゃないね、これは。ここまでくると奇妙でおもしろすぎたので、写真を撮ってみました。光の加減であんまりわからないけど、黒目以外は、白がなく、真っ赤です。

聞いた話によると、最近結膜炎が流行ってるみたい。疲れとかでもなったりするらしい。しかも、数週間かかることもあるらしい!!! そして、家族で同じタオル使ったりするとうつるらしい! あー、仕事どうしよ。着物で鬼の目じゃあ、かっこつかないよね。。。

皆様もお気をつけくださいましm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

花粉症?!

昨日から右目がかゆいなーと思っていたけど、なんと今朝起きたら、目やにと涙で右目だけが糊みたいにくっついて大変なことにw(゜ロ゜;w(゜ロ゜)w;゜ロ゜)w 取っても取ってもまたくっついちゃうの。

頑張ってこじ開けたはいいものの、泣いた翌日みたいにパンパンの出目金に( ̄~ ̄;)

かゆくなることはたまにあるけど、こんなことは初めてだったから怖かったので、すぐさま眼科へ。花粉症か、風邪が原因の、アレルギー性結膜炎らしい。結膜炎はコンタクトのせいかたまになるんだけど、今回はキツイ!風邪の兆候かもしれないけど、最近鼻もむずがゆいし、ついに花粉症になってしまったのか?! 私は大丈夫♪って安心してたのにぃ(>_<)

今は出目金ではなくなったw でも、涙目になるのか少し腫れてるし、うさぎさんのお目目デス(@_@;) 何より、コンタクトが入れられないのが辛い!!早く治さないと。どうやったら早く治るのかな。。。

・・・あ、目やにネタは汚かったかしら?! ゴメンチャイ((≧▽≦〃)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年4月12日 (水)

「with」中国版、発売中☆

Dvc00029「秀with」というwithの中国版がすでに、中国全土において発売中なことが発覚。

P174~175に大阪の宣伝として載ってます☆

Luyou「旅遊天地」と同じ時の写真。旅遊天地の表紙撮影のために振袖だったので、振袖でラーメン。。。ありえない(^_^;) 

Photo_71そして、「旅遊天地」もGETしたので、中身をご紹介! 自分で写真撮ったので、汚い絵なことはご容赦ください★ 本当はすごくキレイな風景の写真も載ってるのです(~_~;)

Dvc00027

P102~115という、なかなか大々的な大阪の宣伝。

Dvc00028

表紙は洋服だけど、中身は全部着物♪ でもwithと一緒で、振袖でそんなとこ行かないでしょーって、つっこみが入りそう。表紙だったら振袖で問題ないんだけどね。洋服が表紙と決まった時に、もう一回、普通の着物(小紋とか)で撮りたいと言ったけど、日にちがなくてダメだったな(T_T) ウソを伝えてしまった!?と気になってるけど、仕方ないよねφ(≧。≦) ま、イメージだからいいか、と納得。

Dvc00026_1Dvc00025_1それにしても、中国人の視点って、日本人が日本を観るのと違うからおもしろいよね~。普段普通だと思っているものが、すごく変わっていたりする。例えば、左の写真のとある薬局のキャラクター越しに撮っている絵とか、妙だよね。ふーん、こういうのが大阪なのかって新たに発見したお仕事でした☆★☆

ちなみに、中国では、雑誌は本屋さんではなく、街頭の新聞などを売っているところにあるらしい。しかも、黄砂がすごいから、ひとつひとつビニール袋に入って売られているの。立ち読みなんてできないねぇ。だから表紙が大事なのか。この本がちゃんと売れていることを祈りマス(*≧∇≦)ノ 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年4月11日 (火)

夙川の桜

Photo_67兵庫県西宮市にある夙川は、桜の名所♪ かなりキレイなので、毎年必ず見に行ってるなぁ。阪急苦楽園口から夙川駅にかけて、桜並木をずーっと歩きマス!

今日は生憎の雨だったからもう散る一方な気がするので、数日前のほぼ満開の桜を載せることにします。場所によってまだ5分咲きぐらいの桜もあったから、本当の満開の時は、もーっっとわさわさとキレイだったはず☆

Photo_68

平日のお昼間なのに、お弁当広げてのほほんとしている人でいっぱい☆ 特にこの日はいいお天気だったからかなー。気持ちよかった(*´∇`*) 

Photo_69

川沿いには、屋台もいっぱい!まさにお祭りムード♪ 屋台好きの私にはたまりませんヾ(≧∇≦)〃 屋台の食べ物って冷静に考えると、高いし、大しておいしくないし、なぜかその時はおいしく感じちゃうから不思議★

Photo_70

左の写真は、同じ夙川の夜桜。夜桜というと、夜空に白い桜が浮かぶような感じだったり、ライトアップされていたりで幻想的なきれいさがあるはずなんだけど・・・ここは、屋台が明るすぎるて桜が暗~く見えちゃって残念だなぁ(>_<) 「屋台一店舗につき、後ろ向きに(桜の方に)一つライトをつけること!」って決まりを作ったらいいのにな。

満開の時はもちろん最高だけど、葉桜の時もまたステキ☆☆ でもその頃から、恐怖が始まる。なんと私は毛虫アレルギー(≧△≦||||) よく笑われたけど、ホントの話。毛虫の毛が飛んでくると、ブツブツができてしまう。うにょうにょの虫を想像しただけで鳥肌が!

あああああ、今から憂鬱。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月 9日 (日)

利休忌・利休居士供養之茶会

Photo_63

今日は利休忌として、利休さん供養のためのお茶会に行ってきました! 今日はお手伝いはなく、お呼ばれオンリー☆

利休さんが亡くなったのは1591年2月28日だけど、私のお稽古では、毎年だいたいいこの時期に利休忌をしています。

Photo_64利休忌には、利休さんに関係するお道具を使います。利休さんの姿が描かれたお軸を掛けたり、利休形の棗や茶杓を用いたり。写真上は供茶と濃茶のお席、写真左は待合い。

利休さんは、豊臣秀吉に命じられて切腹されました。享年70歳。利休さん関係のものには、その時に読んだ辞世の句「人生七十 力圍希咄 吾這宝剣 祖仏共殺 提る我得具足の一太刀 今此時そ天に抛からとった、“力圍希(りきいき)”という言葉が色んなところに出てくるよう。「精一杯生きてきたので、言い残すことはほとんどない」という意味らしい。今回は、この言葉が大中小3つの利休黒棗の蓋の裏に、それぞれ力・圍・希と黒漆で書かれているものが用意されてました。・・・それにしてもそう言い残せるなんてかっこいい☆ そんな生き方がしたいなあ。

Photo_65

Photo_66

写真左は妹・とんちゃんと、お寺の桜前で♪

利休忌は400年以上たつけれど、“忌”ということで、一つ紋入りの色無地の着物を着ます! 色無地は数を持っていないから、“忌”の度に妹と交換して着ているけど、顔や雰囲気が違うと、全然違う着物のように見えるから不思議★ これも着物の魔力ですな~(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

生田神社にてお茶会

Photo_57Photo_557日に、神戸の生田神社にてお茶会があり、私の宗匠が釜をかけられたので、“お運び”をしに行ってきました☆

Photo_59Photo_58生田会館をずっと奥に進んだところにある神泉亭の担当。とってもいい天気だったから、池の側を歩くのが、すごく気持ちいい♪ 緑がとてもきれいで、噴水がとても爽やか☆そして、池のほとりに咲く桜が満開で、茶室前の景色も最高!

時間は朝9時~15時まで。一番人が多いのは午前中だった。やっぱりおばあちゃまが多いからみたい。8時半ごろから並んでいらして、感心デス。

Photo_56Photo_60お茶室は、広く使うために、普段水屋として使っている部分も茶室にしてしまったので、水屋は人数のわりに狭くてわさわさとしていたけれど、いつもの通り段取りよく進んでいきました。先輩方は水屋でお茶を点てるお役。(お客様が大勢の時は、時間の都合上、3人目からは水屋で点てて持っていきます)。私たち若年者はそれをお席に運びます。

でも、2席目に京都からお家元が来られたときは、みんなものすごく緊張してしまい、いつもよりカチカチになってしまってた。いつもは普通にできていることができなくなって、なぜか亭主が茶筅を落としてしまったり、お運びの段取りが少しにぶってしまったりのトラブル続き(>_<) お家元の存在感・威圧感はすごすぎる。。。

Photo_61

全12席が終わった後、すぐにお片づけ。おかかえのお道具屋さんと先輩方が中心になって片付けます。大量の茶碗や菓子器を元の箱に戻して片付けるのは結構大変。割らないように丁寧に扱います。片付けること、約1時間。

Photo_62 私は、今回は夜桜風の、黒地に桜の訪問着。母の物を借りてみました♪八掛けが薄墨色(グレー)なので地味かと思ったけど、着てみたくて(#^.^#) 金と朱色の帯と合わせて、赤の帯揚げと帯締めをしたから、思ったほど地味じゃなかった気がする。着物って、代々受け継いでいけるから、本当にすごいよね☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

生田神社の観桜祭

Photo_50神戸の生田神社の観桜祭「生田森 観桜祭」に行ってきたよ☆

母が習っている日本舞踊のお師匠さんの後援者の方にお誘いいただいたのデス♪

Photo_52第一部が観桜祭。本殿にて、修祓、献茶、献饌、献華、祝詞奏上、歌曲奉納の儀が、粛々と行われました!歌曲担当は、ソプラノ歌手の濱崎加代子さん。伴奏は櫻井文恵さん。ドリゴのセレナーデ、花、マッティナータなど数曲を熱唱されてました。(写真右) “ひとりで唄い演じるオペラ”をライフワークに活動されているそう! 濱崎さんの美声が本殿の外まで響き渡って、神社であることを忘れそうだったなぁ(*´∇`*)

Photo_53

第二部は、観桜の宴。宮司さんのご挨拶、母のお師匠さんの乾杯、そして、またまた濱崎さんの歌、その後中締め。

Photo_54濱崎さんは本殿では和的に振袖だったけど、次はオペラらしいドレスで登場!3mぐらいの距離で聴いていたので、なんだか新鮮だった。人間の体からあんな音が出るんだーみたいな(笑) さすがです(〃∇〃)

司会者の方は生田神社のイベントではおなじみのおもしろい方で、濱崎さんに「やっぱり体が大きくないと、こんな声って出ないんですよね?」と質問してたΣ(゜ロ゜;) 気になってたコトだったけど、ズバリ聞いちゃう司会者さんはスゴイ★ それに対して、「そうですねえ、おなかすいてると声出ないですから」と濱崎さんの答え。きっと困ったに違いない(~_~;) 一瞬ヒヤッとした気がした。。。

宮司さんが「桜はただの木ではなく、神様が宿っている特別な木なんです。昔は、春に桜が見事に咲けば、秋に稲穂が大量に収穫できる、と占ったものだったんです。」とおっしゃってた。だから日本人は潜在意識的に、桜が好きなのかもしれない(*^_^*) 桜がたわわになると、本当に幸せだもんね♪♪

明日(7日)も、また生田神社。お茶会のお手伝い☆ たぶん当日券もあると思うので、お時間のある方はいらして下さ~い!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月 5日 (水)

テレビ買っちゃったヾ(≧∇≦)〃

テレビ買っちゃった買っちゃった~((((((≧∇≦))))))

デジタルで、なんと32型☆★☆★☆

今まで、阪神大震災の直後に買った、後ろが1mぐらいある巨大21型を使ってたから、10cm強しかない薄さに感激♪

最初は23型ぐらいにしようかなと考えてたけど、27型ぐらいでもいけるかもと見てたら、27型と同じ値段の32型を発見!! 他の32型と比べたら超お得☆ 大きすぎるかなぁと思いながらも、そのお得さに惹かれて32型に決定。電気屋さんってテレビがずらっと並んでるから、32型でもそんなに大きくないかなーという気になっちゃうんだよね(^_^;) 電気屋さんの作戦にはめられた?(笑)

実は今まで生きてきた中で、一番大きなお買い物(#^.^#) この年で珍しいかも? 大きなお買い物ってドキドキするねえ。分割にしたから負担は少ないけど、合計額にサインするとき、うわ~って思った。なんか大人になった感じ(笑)

でもやっぱり大きすぎるのか目がちょっとチカチカするけど、ま、いっか。画像も音もキレイ!映画観るのが楽しみだ♪♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年4月 4日 (火)

『TOKUNARI』ブランド誕生記念パーティー

Photo_44徳扇美術から新しく誕生した着物ブランド『TOKUNARI』の記念パーティー、“京遊”に行ってきました☆

お得意様他の100人弱のパーティーだったけれど、ジャズバンドやマジックショーなどがあって、とても盛大なパーティー!

Photo_45Photo_46

私は、そのイベントの中で、着物ショーに出ました♪ もちろん『TOKUNARI』の着物。

写真左、私の右が、2006全日本きものの女王・頭川展子ちゃん。その右隣が2004京都きものの女王・芦田ないるちゃん。一番右は、女王ではなく、ピアノの先生をされている方。(お名前聞きそびれちゃった。) ショーはあと一人、服部和子先生のお弟子さんが加わって、合計5名で出場☆

Photo_47

Photo_48 目からビームが出てるけど、こんな感じでした~。

ショーは、昨年秋に北京でコシノジュンコさんのショーに出た以来。つまり二回目。着物とはいえ、大胆に歩いてほしいとは言われたものの、誰かがポーズを教えてくれるでもなく、難しかったφ(≧。≦) でも楽しかったな。もっと勉強したいなあ。

Photo_49

ショーの後、自前の着物に着替えて、パーティーを楽しみました♪

途中、仙人さんみたいな方に話しかけていただいた。その方は、顔を見るとその人の相が見えるらしく、頭川展子ちゃんは「害虫がいっぱい寄ってくるから気をつけないと!いつも笑顔を心がけて!」と言われてた。彼女、めちゃめちゃキレイだから納得☆ 私は、「その絶えずニコニコしている感じが福を呼ぶ。お金持ちになるよ!」と言われた。お金持ち・・・今は考えられない。それを言うと納得された( ̄~ ̄;)でも、なるらしい。来るといいな、そんな日が。。。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年4月 3日 (月)

“Ivory” まいう~(〃∇〃)

060331_215454_m グリコから最近出た“Ivory”

まいう~っ○(〃 ̄ ̄∇ ̄ ̄〃)○

ZACSと同じく、圧縮パックされたバリバリアイス☆ ゴーフレットアイスと書いてあるけれど、モナカよりもザクザクしてる!そして、ホワイトチョコとバニラアイスがたまらないっす!! ハーゲンダッツと似た食感かな。でも量もちょうどいいし、安い♪ 3日に一回は食べてますw やみつきなり~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

忘れられないエイプリルフール

毎年エイプリルフールには、何かウソをつこうと思うのに、結局つけないでいる(^_^;)

今年つかれたウソは、「髪の毛を金髪にした!」。すごくびっくりしたけど、結局は違った。「あっ!騙されたΣ(゜ロ゜;)」って笑えた。そんな楽しいウソがつきたいといつも思う。

悪意のないウソってすごく難しい。ウソをつくことによって誰かを傷つけたり、後でむなしくなったり。。。病気になったとか死んだとかは絶対嫌だし、宝くじが当たったとかも後で寂しくなる。本当に難しい。

今まででつかれたウソで、一生忘れないであろうウソがある☆

私は4歳~10歳までバレエを習ってたけど、中学受験のためにやめてしまったので、また中学1年~高校2年まで、ダンス部に入ってた。(中学・高校は一貫教育)。そんな中学3年生の時、文化祭の練習のために部活に行ったら、仲良しの上級生に、

「今日から文化祭まで、みんなで毎日練習前に、コレに向かってお祈りするから」

と真顔で言われた。“コレ”を見てみると、神棚のように作られた台の上に、コーラスラインのビデオと、白鳥の湖のビデオと、オードリーヘップバーンの写真が祀られてた。純粋だった私たちは、ちょうどコーラスラインを踊るということもあり、素直に信じて、真剣にお祈り。

その数分後、話を持ちかけてきた上級生が、

「みんなナニやってんの~? そんなんに向かって手を合わせて? 今日何の日か知ってるー??」

その瞬間、みんなで顔を合わせて、

「あああああっ~~~~~(ノ≧ロ)ノ」

このウソはあまりによくできてたから、本当に衝撃的だった。一生忘れることはないだろうなあ。いつかそんなドラマ性のある楽しいウソがつきたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年4月 1日 (土)

春だけど黒髪

ここ数年髪の毛を伸ばし続けてるから、結構伸びた。自分ではあまり自覚がないから、自覚できるまでまだまだ伸ばす予定★

でも何か変化がほしいと思って、春だけど黒髪にしてみた!黒髪と言っても、真っ黒じゃなくて、地毛がちょっと明るくなった程度。校則でひっかからないぐらいの色かな。黒髪って海苔みたいになりえるし、怖かったんだよね(~_~;) でもこんなに黒くしたのは4年ぶりぐらいで新鮮♪

本当はチャンツィイーみたいな真っ黒のサラサラロングに憧れる☆ でも、ストレートアイロンでまっすぐにしてみたこともあるけど、どうも違うんだよね。。。アジアンビューティーになりたいのにぃ!

今はきっとまだまだ長さが足りないハズ。頑張ろっ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »