« 神戸空港 VS 関西空港?! | トップページ | 「男たちの大和」すごくよかった!! »

2006年2月 1日 (水)

『SAYURI』は理想の日本?!

ずっと気になっていた映画『SAYURI』、やっと観ることができた☆

芸者の心情がよく表されていて、映画としてはおもしろかったし、よくできていたと思う。ホロリともしたし、ハラハラドキドキしたし、2時間半以上あったけど、終始、興味深く観られた。

チャンツィイーはすごくかわいかった♪最初は日本の話なのにどうして日本人が主役じゃないんだろう?って憤慨してたけど、映画を観たら納得した。清楚で無垢な感じで、かつ華がある、英語を完璧に話せる人で、世界的に有名な人じゃないとだめだったんだ。日本人ではいなかったと思うと残念。でも、本当にかわいかった。 そして、子役の大後寿々花ちゃん、よかった~☆ 工藤夕貴さんも役所広司さんも桃井かおりさんもよかった。

ただ、あれは日本ではない!!!“アジア映画”であって、“日本映画”ではない。英語で会話している時点でそうなわけだけど、国の雰囲気や時代考証、着物の着方、髪型、作法など、忠実ではなかった。たとえば、芸者さんの髪型ではないこと、後ろ髪をひっ詰めているのに着物の衣紋を抜きすぎていることや、舞台上で勧進帳の曲に合わせて鷺娘風の激しい踊りを踊っていたこと、などなど、言い出せばキリがない。つまり、あれは、日本に対する“イメージ”をわかりやすく誇張して表現しているということなんだろうな。

でも、理想の日本が芸者? 花街??

ハリウッドをはじめ、先日雑誌の撮影でお会いした中国の方々も皆、「SAYURI」が理想の日本だということだったから、海外の方が日本に何を求めているのかを理解しようと考えてみた。・・・でもまだわからない。撮影の時に、中国の方は、私の着物姿に何を求めたのだろうか? 私は芸者ではない。芸者さんは芸者さんでとっても素敵だと思う。でも、芸者はひとつの日本文化であって、日本女性に芸者要素を求めるのは違う!と思う。

芸者さんは、髪型やお化粧を独特のものにしているからこそ芸者さんに見えるけれども、映画のように普通の髪型をしているのが芸者さんだと海外の方に思われてしまうと、普段私が着物を着て街を歩いていたときに、芸者だと勘違いされてしまい兼ねない。これはちょっと問題な気がする。

ただ、ひとつわかるのは、日本人は日本人らしくいた方がいいということ。外国かぶれするよりも、日本人らしさを追求して、日本本来の美を魅せた方がいいのだとわかった。

私はこれから、日本女性の代表として、現実の日本の美を伝えていけるように頑張ろうと心に決めました!

|

« 神戸空港 VS 関西空港?! | トップページ | 「男たちの大和」すごくよかった!! »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28550/574026

この記事へのトラックバック一覧です: 『SAYURI』は理想の日本?!:

» SAYURI [TAKINOJO 暮しのツケ帳]
「SAYURI」で、どうもガイコクの方々がゲイシャに憧れちゃうのは、何なんでしょうね? 「あれこそが理想の日本!」みたいな文章を確かによくみかけます。キリスト教圏の国々ではまずありえない(であろう)システムなんですから、憧れちゃうでしょうねえ。  誰の夢だったか忘れましたけど、昔「プレイボーイ」誌で「イギリス人の執事と中国人の料理人を雇って、日本人の奥さんを貰う」なんてアメリカ男性の夢は解るような気がします。  私ならフランス人の若いメイドも雇いますけど…... [続きを読む]

受信: 2006年2月 1日 (水) 14時26分

» 化粧上手になりたいけれど… [人を惹きつけるコスメと美容]
街を歩くと最近可愛い子が多いですね。エビちゃんみたいになりたいと思ってもなかなか大変です…今日は風の穏やかな一 [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土) 21時40分

« 神戸空港 VS 関西空港?! | トップページ | 「男たちの大和」すごくよかった!! »